遊友建築工房ロゴ

email

TEL:0120-11-8072

尼崎市の工務店


はじめての方へ

施工事例

無添加住宅

建主さんの声

ブログ

スタッフ紹介

パートナー企業募集


木がなぜ弱ってしまうか 木造で建てる以上 木が弱ってしまうポイントも知っておきましょう



木を腐らせるのは木材腐朽菌

木を腐らせるのは木材腐朽菌(ふきゅうきん:キノコと同じ菌)の仕業です。腐朽菌は、空気中、土の中、私たちの身の回りのどこにでもいる、一般的な菌です。


腐朽菌も他の細菌と同じで、養分、水分、温度、空気がなければ繁殖できません。養分はもともと木が持っています。温度、空気は屋外では管理できません。ですから木が腐るのは水(湿気)が原因です。そのため木が腐るのは雨で濡れる屋外だけです(屋内でも結露、水漏れ、通風不足などで湿気ていると腐ります)。










風さえ通ればすぐ乾く

木はもともと森で育った植物です。
雨に濡れても、すぐに深く内部まで水がしみ込むことはありません。濡れてもすぐに乾けば、腐朽菌が繁殖する時間がなく、簡単に腐るものではありません。風さえ通れば、雨で濡れた部分は数時間もすれば乾いてしまいます。










乾かない環境で木は大変弱い






しかし、乾かない環境では、木は大変弱いものです。乾かない環境とは、風が通らない環境で、密着面(毛細管現象が起こり易い部位)などです。
地面に置いた材木は、上面は乾いても、地面と密着した下面は乾きません。2枚の板を重ねて置いておくと、重なっている部分は相当期間乾きません。深いひび割れなどがあると、その奥は風も入らず、やはり相当期間乾きません。
また木口は繊維の断面が出ているため水を奥まで吸いやすく、乾きにくい部分です。この現象が起こり易いのが、サイディング張のジョイント目地(コーキング)が劣化し、漏水した場合この現象が起こります。


乾かずにいつまでも湿気た状態で置いておくと、やがて腐朽菌が繁殖をはじめ、木は腐りだします。腐りだすと、木はスポンジ状になり、さらに毛細管現象により、内部深く水が浸透していきます。内部まで入り込んだ水はなかなか乾かず、次の雨でまた濡れます。
もはや乾くことがなくなった木材の内部で腐朽菌の繁殖の勢いが増していきます。そうなると、サイディングの自重をもたす事が出来ない為、壁が剥がれ落ちるという結果につながってきます。











最悪の被害は白蟻

雨ざらしで地面に放置したら半年~1年くらいで、地面から離しても2~3年で木口から腐り始めるというのが一般的な木材のイメージです。

湿気があり、腐り始めた木材は虫にとっての格好の餌になります。なめくじ、まる虫、げじげじが発生し、最悪の被害は白蟻です。


そもそも、光合成出来ない樹が、腐食し、虫に食われ、それによって分解され、糞となり良質な土となり、植物や生物が繁殖していく、自然な循環作業をひき起こしている訳ですね(^Д^) 




長く住み続けるにはまず何を守らなければいけないか?



答え:構造体


右のチャートでわかるように、建物は「水からいかに守るか?」を考慮しなければいけません。
日本以外の外国のほうでは、住宅の平均寿命は築150年くらいで日本の住宅より寿命は3倍以上耐久力があるのですが、日本の国の住宅ほどには外壁の維持費のメンテンスはかけていませんし、かからないのです。


それは、簡単に言えば、外国のほうでは新築工事の予算で大事な外壁工事の予算をしっかりとってしっかり工事をするからです。
日本の場合は対象を10年と考えた外壁素材を使用し外壁工事のコストを下げて、メンテナンスをしなければいけない頃には、素人では判断が出来ず、見過ごしてしまい、建物が老朽化がどんどん進行しているという現状です。






住宅の劣化原因は負の連鎖



外装材の劣化 雨水による漏水 白蟻被害or腐食 構造体の強度不足 強度不足による揺れや歪み


負の連鎖の循環によって建物の老朽化がどんどん進行しる


メンテナンス費用が莫大となる為


建て替え需要が生じる




ページトップに戻る


会社概要



スタッフ紹介



企業理念



求人情報



土地情報



お問合せ



お客さま限定ページ



リンク



遊友管理



サイトマップ

有限会社遊友建築工房一級建築士事務所 copyright 2013-2014 YU-YU Group all rights reserved.